SaCLaサポーターズ公演レポート「SaCLaアーツfriday One Coin Concert サクソフォンヒストリー」

2018.01.11更新

皆様御存知でしょうか、フライデーワンコインコンサートがもう四年目を迎えた事を。SaCLaアーツに登録している、さいたま市で活躍するおよそ200名のアーティストによる演奏会をワンコインで堪能することが出来るのです。多目的ホールから始まって、いまでは小ホールにお引越ししました。その中で今回は「サクソフォンヒストリー」と題して、サクソフォンの岡安良子さん、鳥居綾子さん、ピアノ鈴木優子さんの現在多方面で活躍中のお三方の演奏会です。

サクソフォンと言うと、ジャズとか吹奏楽でメジャーな印象でしたが、ベルギーのアドルフ・サックスによって生まれ、親友のサンジュレーにより1840年代のクラシックに使われ、ビゼーがオーケストラに取り入れたと、岡安さんのMCで物語が語られていきます。種類も多く、その中のコントラバスサックスは日本に三台しかないという珍しいものとか、豆知識を頂きました。

おなじみのテイクファイブ、そしてラプソディ・イン・ブルー、意欲的な演奏はあっという間!アンコール曲へ「デビルズラグ」素晴らしかったです。サクソフォンの魅力がよく解りました。心から拍手。金曜日の午後のひとときを、ワンコインで楽しめるなんて嬉しいですね。来年には大ホールでのコンサートも予定されているので、乞うご期待です。

SaCLaサポーターズ 広報ボランティア 皆川幸子

_1090328.JPG

※(公財)さいたま市文化振興事業団では、文化・芸術に関心のある市民や、地域との関わりに意欲的な市民の方に、自主文化事業等のボランティアスタッフ(SaCLa(サクラ)サポーターズ)として参加いただいております。

テーマ:その他 文化振興活動

(公財)さいたま市文化振興事業団