劇団Liebe 「恋する龍神」【主催事業】

【開催日】平成30年10月27日(土)・28日(日)
【開 場】13:30
【開 演】14:00 (両日とも)
【会 場】プラザイースト ホール
【チケット】全席自由 1,500円 (SaCLa友の会は1,000円) ※未就学児入場不可

【発売日】平成30年8月18日(土)10:00~


3601_001.jpgあらすじ
山奥の池に棲む龍神・白雪は、別の池に棲む龍神・若君に恋焦がれていた。しかし、高僧の行力により、池を離れることができない白雪。彼女は、歌で自分の想いを伝えようとする。一方、科学者の萩原は、その歌をエネルギーにしようとたくらんだ・・・・。

街の魅力発見!プラザイースト演劇アカデミア~演劇で伝える伝統文化~
プラザイーストのあるさいたま市緑区は、さいたま市指定の無形文化財や、多くの童謡唱歌など地域の先人達が大切にしてきた伝統文化が残るです。また、プラザイースト周辺は都市化により、新しい住民層も増え、先人達が残してきた文化資源を通じて、地域に愛着心を新たに培っていくことがさらなる地域力向上につながると考えます。そこで、プラザイーストでは「さいたま総合芸術演劇プロジェクト」の成果として、現在活動しているプラザイーストのオリジナル市民劇団「Liebe」とともに地域の文化資源を活用し、新たな街の魅力を発信します。

市民劇団Liebe(リーベ)
プラザイーストでは平成24年度より演劇をコンセプトとし、ホールから地域を活性化する「さいたま総合芸術演劇プロジェクト」を開催し、「観る」「創る」「参加する」の3つの視点からコミュニティ形成をしてきました。その成果は「劇団Liebe」となりました。「Liebe」はドイツ語で「愛」を意味します。「劇団Liebe」は人を愛する心を養い、地域に明るさと活気をもたらす地域貢献を目的とし、若者には希望と活気を、また年配者には健康と生き甲斐を、合言葉に活動しています。